閉じる

完全予約制

048-947-0272

=

急な腰・肩・首の痛み、
妊婦&ママさんの逆子施術・骨盤矯正の総合手当て、
小顔・美脚などの美容整体なら埼玉・越谷の

完全予約制

048-947-0272
 月・火・水・金 / 830~1330・1500~1830
       土 / 830~1430・1500~1830
     木・日 / 休診
      祝日 / 不定期ですが診療していることが多いため、
           お問い合わせください。
		

LINE@QRコード
LINE@友だち追加

facebook

instagram

twitter

当院の休診日等、最新情報のチェックはこちら。 当院での日々の施術を綴っています。 施術させていただいた患者さまの声です。 読み物コンテンツ

LINE

facebook

instagram

twitter

お知らせ

当院の休診日等、最新情報のチェックはこちらで

冬・腎臓・外傷・電磁波

1つ前のブログの〈最近の注意点〉にもつながりますが、お伝えします。
今年の冬は例年と比べるとまだ温かいですが、一年の中では一番寒いです。
実際に症状として多いですし、その環境で生きているため体には少なからず影響があります。

今回の記事の結論から言いますと、冬は腎臓が弱ります。また、電磁波は腎機能を低下せせます。(電気毛布)
その中で特に注意をしていただきたいのが外傷です。(ケガです。)
腎臓の役割はちょーたくさんありますが今回は重要な一部だけお伝えいたします。
〈骨の役割〉
骨を作るために必要な活性型ビタミンDを作る。(皮膚・肝臓・副甲状腺も)
ビタミンDがカルシウムと働くことで骨形成がされます。
寒さで腎機能低が下すると骨形成の機能が低下して骨がもろくなったり、骨折につながる外傷が増えます。
足のゆびなど。特に5趾でしょうか。ちょっとぶつけただけなのにというパターンが多いですし、他の体の部位も一緒です。
因みにカルシウムをたくさん摂取しすぎても高カルシウム血症などになりますので注意が必要です。
この先は興味のある方だけお読みください
↓  ↓  ↓
ビタミンDは腸管からカルシウムを吸収しやすくする働きがあり、そこから骨形成形成へとつながっていきます。
しかし、腎機能が低下するとビタミンDの形成が遅れカルシウム不足になります。
次に何が起こるかというと、自分の骨を溶かしてカルシウムを作り出します。
カルシウムは筋肉を動かすために必要なものですし、生きていくために必要なものだから自分の骨でさえ溶かしてしまいます。
この働きが骨をもろくして骨粗鬆症に繋がる経緯です。
だから病院では骨粗鬆症の症状には薬や注射で対応しているわけです。
私は整形外科でも務めていましたのでわかりますし、今まで見てきた患者さんで薬、注射でしっかり回復に向かった方を見たことがありません。
今思うと腎機能が回復できていないため、いくら注射や薬を服用してもいたちごっこで改善しなかったんだろうなと思います。
他には間違った食生活や適した塩分の不足もあります。(腎機能については今後またお書きしたいと思っています)

〈電気毛布〉
電気毛布は電磁波を常に受けますので腎機能が低下します。老人の方が冬に軽く転んだだけで簡単に骨折を起こします。
老人の方は電気毛布を使っていることが多いと思われます。
電気毛布を手放せなくてケガにつながるメカニズムをお伝えしますが、温かいからやめられなくなり使い続け、腎機能が低下し、余計冷え体質になり、寒いからまた使い、結局腎機能がさらに低下して骨がもろくなり簡単に骨折につながっていく。です。
いつの間にか骨折もその一つです。そのためになるべく使用は控えていただいた方がいいでしょう。使用するのは少し手間ですが湯たんぽをおすすめします。(やけどに気を付けて)
何よりおすすめは熱を作れるようにご自身で代謝や免疫力を上げていただくことです。また、食べ過ぎや甘物の食べ過ぎも冷えにつながりますのでご注意をしていただくことも必要です。

〈手当は〉
腎臓の機能を回復させるにはとても時間(期間)がかかりますが可能です。食生活の注意点を理解していただき、丁寧に時間をかけて手当をしていけば元気になっていきます。
実際に90代のじいちゃんばあちゃんたちも元気になっていきましたので、良くなることは分かっています。
あとはいつもお話をしていますが減塩をやめて、いい塩分を摂取していただくことです。いい塩は血圧も下げてくれます。

以上、冬・腎臓・外傷・電磁波についてでした。
皆さんが健康で過ごせますように。

2020年1月16日 (木)