閉じる

完全予約制

048-947-0272

=

急な腰・肩・首の痛み、
妊婦&ママさんの逆子施術・骨盤矯正の総合手当て、
小顔・美脚などの美容整体なら埼玉・越谷の

完全予約制

048-947-0272
 月・火・水・金 / 830~1330・1500~1830
       土 / 830~1430・1500~1830
     木・日 / 休診
      祝日 / 不定期ですが診療していることが多いため、
           お問い合わせください。
		

LINE@QRコード
LINE@友だち追加

facebook

instagram

twitter

当院の休診日等、最新情報のチェックはこちら。 当院での日々の施術を綴っています。 施術させていただいた患者さまの声です。 読み物コンテンツ

LINE

facebook

instagram

twitter

お知らせ

当院の休診日等、最新情報のチェックはこちらで

脊柱管狭窄症は難病?

今回は脊柱管狭窄症についてお書きします。

脊柱管狭窄症は難病とも言われています。
有名な話では、み○○○た さんが手術をされましたね。
現代では病院で検査される方が多いと思いますが、病院の先生から伝えられるのは加齢症状です。体操しましょう。歩きなさい。注射しますか。うまく付き合っていきましょう。でしょうか。

『症状の特徴』
同じ体勢でいられない、長く歩けない、両足が痛い、両足がしびれる、腰が常に重たい、お尻が痛い等たくさん症状があります。

私の経験上
症状には程度があり、病院では簡単な検査だけで脊柱管狭窄症と診断されることが多いです。ドクターは適当なんでしょうね。患者さんの話を伺うと諦めなさいという感じです。
しかし、頑張れば何とかなるくらいの症状の方はたくさんいらっしゃいます。
かなりひどい方もいれば軽い方もいますが、軽い方ではわりと早く良くなります(2~3ヵ月)。もちろん軽くても数カ月かけて克服させる方もいます。
手当てでは早くて1回~2回で何かしらの変化が出てくれる方もいます。(完治ではありません)

あきらめている方が多い症状
脊柱管狭窄症についてあきらめている方はとても多いです。長年症状を抱えていたり、ドクターに老化と言われたり、治らないものだと思いつけているために結果としてあきらめていらっしゃるのでしょう。
あきらめていたら治りませんし、よくもなりませんね。そのまま何かを抱えながら生きていくというのは人生もったいないです。

私の方針
手当てを定期的にお受けいただき、体操を教え実行していただく。また、日常生活での注意点等を詳しくお伝えします。
症状改善まで早くて3ヵ月、6カ月、1年といった感じで程度によって期間が異なります。
私の史上最強の脊柱管狭窄症の患者さんは4年かかりました(泣き)。
こんな例もあります。修業時代には3メートルしか歩けない方もいました。歩いて休んで歩いて休んで。ですね。本当です。しかしこの方は半年程で改善された記憶があります。
話を戻します。4年かかってしまったのにはいろいろ理由がありますが、ここまでのひどい症状の方を改善できたという自信があります。
そのために大体の方はまだ私の施術での効果を出せる範囲内にいらっしゃると思います。(患者さんのやる気次第です)
また、お茶の水にあります脊柱管狭窄症専門の某病院の某先生の本を読ませていただいた事がありますが、診察では私がよく患者さんに教えている体操をお教えするだけでした。
手術はよっぽでないとしないと断言されています。私はとても共感しました。
私も脊柱管狭窄症やどんな難病でもあきらめないで手当てします。患者さんのやる気次第でどんな難病でも完治まで行かなくとも回復していくことを知っているからです。
お茶の水の某先生の手術に踏み切る方の参考資料を見ますと、レントゲン画像と精神的な辛さから考えるとしょうがないかなと思うくらいでした。
しかし、某先生はやはり適した体操を教えて実行してもらうだけで、3ヵ月、6カ月、1年とかけて症状を改善させていかれるそうです。
そう考えたら私の手当てと体操、日常生活の注意点を考慮するともう少し回復期間は早くなると感じています。むしろ全然早いですね。だって自信がありますから。

手当てにかける時間は
大体の方が1週間に一度1時間程度の施術をお受けいただいています。改善されている方は早くて2~3カ月後から1週間に一度短時間のケアだけで済むようになり、その後月に一度のケアで済むようになります。
先程もお書きしましたが、早い方で1回から2回で効果を感じられます。効果とは何かしらの変化が出てくれることです。少し楽になってきた、脚の痛みシビレが減ってきたなどです。症状の程度で効果の個人差は大きく変わります。
より効果を出していただくため日常生活ではご自身でも体操をこまめにやっていただくことがとても必要です。

なぜご自身の努力が必要なのか
その理由は長い時間をかけ日常生活の中で作ってしまった症状だからです。そのために手当ての期間がかかりますし、努力をしていただかないと改善していきません。
どんな症状でもそうですが原因はご自身で作ってしまったものです。そこに気付いていただき改善させる必要があります。日常生活で症状が戻ってしまうのです。
先程お書きした私の中での史上最強の脊柱管狭窄症の患者さんはいろいろな症状があったために年月がかかりましたが、ご自身で体操をうまくできるようになってから急激に変化が出てきました。
また、施術間隔を空けられるようになりました。今ではお出かけもできます。
その改善は私だけではとても出せないものです。患者さんご自身の努力と私の手当てとの相乗効果で出てきます。

最後に
手当てには時間をかけ丁寧に施術をさせていただきます。しかし、何度もお伝えしますが患者さんご自身のやる気が無いと回復に向かいません。来ていただかないと手当てもできないですし。
あきらめないことが大事です。人間生きている間は何が起こるかわかりません。希望をもって人生を送っていただきたいです。
長時間の施術ですのでそれなりの料金が掛かってしまいますが、長年悩んできた症状を改善させるために必要な手当てをお受けいただくことになります。
長年辛かった症状が改善出来たら安い物だと思います。お金じゃないですね。お金を出して腰を交換してくださいといっても交換できませんね。
皆さんどこまで本気になれるか、自己投資を必要と考えられているか。
少しでも楽に生活ができるようお力になりたいと思っています。

以上、脊柱管狭窄症についてでした。ありがとうございました。

2019年3月5日 (火)