閉じる

完全予約制

048-947-0272

=

急な腰・肩・首の痛み、
妊婦&ママさんの逆子施術・骨盤矯正の総合手当て、
小顔・美脚などの美容整体なら埼玉・越谷の

完全予約制

048-947-0272
 月・火・水・金 / 830~1330・1500~1830
       土 / 830~1430・1500~1830
     木・日 / 休診
      祝日 / 不定期ですが診療していることが多いため、
           お問い合わせください。
		

LINE@QRコード
LINE@友だち追加

facebook

instagram

twitter

当院の休診日等、最新情報のチェックはこちら。 当院での日々の施術を綴っています。 施術させていただいた患者さまの声です。 読み物コンテンツ

LINE

facebook

instagram

twitter

手当てブログ

当院での日々の施術を綴っています。
※許可をいただいた方のみ掲載しております

やさしい妊婦施術

やさしい妊婦施術

今回は8カ月の妊婦さんです。(3人目)
まだまだ大きくなりそうです!楽しみー!
慎重に手当てしていきましょうね!

症状
お二人の妊婦時代には子宮頸管が短く5カ月あたりで強制入院、安静を経験。
お二人目以降の産後骨盤矯正から手当てをさせていただき、今回は妊婦さん5カ月から頑張って手当てに来てくださっています。
その結果、なんと、以前とは違い子宮頸管に余裕があり強制入院をされないで済みました!
おめでとうございます!!!少しホッとしましたし、うれしかったです!

ということで、気を引き締めて。(治療家として浮かれている場合ではないですね)
今後も油断はできません。ママも元気に、ベイビーも元気に成長していただくため最後まで安心安全で、出産に挑み、産後のことまで少しずつ考えた手当てと生活リズムを作っていきましょうね。

ということで写真を掲載しましたのでどうぞご覧ください。




ご覧いただきありがとうございました。
最後にいつものようにお伝えさせていただきます。
同じように悩んでいる方へ少しでもお力になりたいといつも思っています。
一緒に感動したいです。

以上ありがとうございました。

2019年4月16日 (火)

妊婦施術(6カ月)

今回の患者さんは『産後骨盤矯正』を7回しっかりお受けいただいた後、妊婦さんになられました!
おめでとうございます!ちょーちょー嬉しい!!
自分の子供じゃないのにちょー嬉しいです!嬉しさのあまり施術についてお書きする前に気持ちを書いてしまいました。
失礼しました。それではお書きします。

<症状>
腰痛、骨盤痛、股関節周りの症状、便秘等

<以前の症状>
1人目切迫早産で入院。2人目はなんとか大丈夫。

今回はご自身でもたくさん努力をされたと思います。
また、産後骨盤矯正で、ある程度調整ができていたので少しお力になれたのかなとも勝手に思っております。(笑)
まだまだ妊婦生活はこれからですし、何が起きるかわかりません。十分注意をして手当てを通して生活の補助をさせていただきたいと思っております。

<注意点>
妊娠中毒症、腰痛、子宮の位置、体の負担、体調、便通、
『妊娠中毒症』の原因は体全体が関係しておきます。特にお腹の張り、骨盤の硬さ、股関節周りのつまり、がメインの症状です。

<手当て>
特に赤ちゃんの居心地がいいお腹を作るよう考えます。また、ママを楽にすることで赤ちゃんも落ち着きます。
・初診では足の先から手の先まで診させていただきます。(ツボです)
・続いて股関節周りのつまりを緩和させ、リンパや筋肉をゆるめていきます。もちろん赤ちゃんに負担がかからないよう手当てをしますのでご安心ください。
・次に内臓施術、頭蓋骨、頸椎、胸郭。
 (頭蓋骨、頸椎は基本的に初回の時だけです。ご希望があれば時間延長をして手当ての提供をいたします。また、必要性がある場合は私からお伝えすることもありますし、そのタイミングで延長できそうでしたら手当ていたします。)
・次にやさしい骨盤調整。ポキポキではありません。何をされているのかわからないくらいの手当て方法です。
 この骨盤矯正手当ては、これだけで逆子が治る場合もありますし、ぎっくり腰の方にもできるぐらいやさしいですし効果も出ます。
・次に胸郭の手当て、お腹の環境を良くするために胸郭の手当ても必須です。経絡という流れもありますので大切です。妊婦さんでなくても生きているだけで負担が出ます。(泣)
・次にやさしくお腹の位置を良くします。赤ちゃんにこっちの方が広いよ~という感じでやさしく、両方の横向き、座っていただき呼吸法と同時に調整します。
・最後に施術間隔、予防法、セルフケアの説明をして終了。(施術での手応え、患者さんの状態で施術間隔は変わります。)

<予防、セルフケア>
予防は産後骨盤矯正の時にお教えした骨盤体操です。お教えしてから日にちがたっているのでもう一度教えなければいけませんね。腰痛や便秘の方にもお勧めしています。
セルフケアは、股関節の手当て方法、呼吸法とお腹の位置の調整です。

<最後に>
体調を良くしておくこと、お腹の環境を良くしておくことはとても大事なことです。
異常があっても異常が無くても体の余裕を作っておくことは、命がけで出産に挑むため、出産後の早期回復のため、産後に頑張れるためにとても必要です。
そのお手伝いをさせていただけたらと思っています。
何度も言いますが、まだまだこれからが大事です。無事に出産まで迎えられるよう頑張りましょう!

それでは画像を載せますのでご覧ください。コメント入りなので見やすくなっています。
同じように悩まれている方のお力になれたらといつも思っております。
(ご本人へは許可を取り載させていただいています)

左側面

右側面

後面

前面

2019年2月12日 (火)

妊婦さんの施術

妊婦さんの施術です

間もなく臨月に入ります。
<症状>
腰痛 夜中のトイレ 肩の痛み
以前は
逆子(2回の施術で治りました) 首の痛み 顎の痛み 頭痛 脚がつる 等

正面写真
お腹、赤ちゃんの位置を調整しました。細くなりましたね!

側面写真
姿勢が良くなり、お腹が上がり腰の負担が減りました。

後面写真
写真を見てびっくり。背中から骨盤まで細くなりました。

<手当て>
やさしい骨盤調整(少し触る程度の感じで何をされているかもわからないくらいで調整します。逆子施術には効果的です)
脚、お腹、股関節、胸郭、頸椎、頭蓋骨の調整 
症状の程度によりますが、時間にして30分から45分の施術が必要です。

<必要なこと>
体全体の調整が必要ですが、とにかく赤ちゃんの居心地を良くする必要があります。
逆子も無理なく調整して治ってくれました。良かったです。
お腹の周りで詰まっている場所を探り必要に応じて施術で弛めていきます。そのために体全体をチェックしていきます。
赤ちゃんはママのお腹の中の居心地がいいと元気に育ちます。また、妊婦さんの手当ては命がけで挑む出産のため、出産後の育児のために体の余裕を作っておく必要があります。すぐに母乳をあげたり抱っこしたりで大変ですよね。夜も眠れないこともあるでしょう。

<施術の期間、回数は>
症状の程度によります。大体の方は2週に1度くらいをお勧めします。命がけの出産ですからそれなりに手当てをされることをお勧めします。
期間は、気にされなければ妊娠直後からでも受けられるくらいの施術内容です。妊活から出産当日まで手当てをされる方もいます。
不安な方は安定期から臨月までお受けいただけるといいと思います。受けていてよかったと思えるよう手当てをさせていただきます。

<出産後は>
産後の調整もされるといいと思いますが、皆さんにお任せしています。念のため産後調整の必要性はお話します。(注意点等)

今回の施術では何度も受けていただいている患者さんなので楽しく施術をして、スピーディーに30分程で全体の調整をしました。慣れていない患者さんや施術間隔が空いてしまうと45分での施術をお勧めします。相談しながら施術方針を決め、目標をもって出産に挑めるようお手伝いをさせていただきます。
たくさんの悩んでいる方のお力になれるよう頑張ります。

2019年1月16日 (水)

逆子施術

今回は逆子施術について記載いたします。

今回の患者さんは腰痛があり、妊婦さんでしたが妊婦施術ではなく腰痛の手当てをお腹に負担をかけないよう手当てをしていました。
そうしている間にいつの間にか逆子になっていましたと伝えられ逆子施術を2週に1度、2回程施行して逆子が治っていたとご連絡をいただきました。
私自身もとてもうれしかったのとホッとしました。

そこで、逆子施術の経緯と妊婦の皆さんにお伝えしたいこと、施術内容について簡単に説明いたします。
経緯とお伝えしたいこと
腰痛で来院された時からお腹の情態、症状が出ている腰椎から見て子宮が関係しているとわかっていたので早く妊婦施術を受けていただくようにお勧めしていました。
しかし、しばらく腰痛の手当てだけを希望されていましたので普通の手当てのみでした。
お仕事もされていたので負担がかかるためぶり返す手当でよくなるの繰り返しです。
それもお腹の情態、お腹の赤ちゃんの負担、ママの負担が大きくかかわっていますので繰り返すのが当たり前でもあります。
そのために早く妊婦施術を受けていただくよう話をしていました。結果的には逆子になってしまったので受けていただくことになりましたが、
逆子でいる間は、とてもストレスを抱えることになります。そのストレスはママだけでなくお腹の中の赤ちゃんにもかかることをご理解いただけたらと思います。
安定期に入ってもお腹の中で亡くなる赤ちゃんもいます。そのような悲しい思いをされている方もいらっしゃいます。
事の大事さを妊婦さんたちにはもっとご理解いただけたらと思います。

施術内容
施術はお腹の赤ちゃんに負担のかからないよう、ママの調整をいたします。その際逆子施術で必ずやるのがやさしい骨盤の調整です。
骨盤の調整は横向きで軽く骨盤に触れるくらいの施術です。ポキはしません。私は健康な方にもポキはしません。
ポキポキする施術は関節を破壊する大きなストレスを与えるという理論を勉強して知っているからです。
この骨盤の調整だけで逆子が治る方もいます。骨盤を調整する理由はどちらかの骨盤の動きが悪いためお腹の中にも影響してしまう身体の使い方になり逆子になることが多いためです。
そのために、骨盤の動きを付けてあげるだけでママの身体の動きが良くなりお腹の赤ちゃんも動けるようになり正しい位置に戻ることがあります。
続いて、症状のつらい方には普通の患者さんにもやるような手当てをして楽になっていただきます。
最後にママの体勢を両方の横向き、座ってもらいお腹の赤ちゃんの位置を調整して終わりです。この手当はママにも覚えていただいて日頃からご自身でもケアできるようご指導します。

以上逆子施術に関するお話でした。今回は写真を撮り忘れましたのでありません。
多くの悩んでいる妊婦さんの悩みを少しでも解消できるようお手伝いさせていただけたらと思っています。

2018年11月20日 (火)